ルテインはカロテノイド類に含まれる

抗酸化作用の優れた色素成分

カロテノイド(カロチノイド)とは、大きなグループとして考えると天然の色素成分の一種という事になり、その数、600種類以上が今までに見つかっているそうです。

一種と言っても、他の色素成分と比べた場合の事であり、代表的なものとして、ルテイン、リコピン、カロテン類、カプサイシン、アスタキサンチンなどが含まれます。

カロテノイドの特徴は、植物の作り出す強い抗酸化成分として知られていますが、同時に、抗がん作用も持つそうです。これらは、いずれも活性酸素の害を無効にするという部分で共通している事ですが、体内から直接やってくる害を吸収するなどして、無害な状態にするという働きも担います。

目の健康に関わる成分として、ルテインとβカロテンなどがありますが、どちらもカロテノイドなので共通している部分があるというのも頷けます。

カロテン類?キサントフィル類って?

こうした成分は、名前が似通っているものが良くあり混乱してしまいがちですよね。

カロテン類は、カロテノイドの別名ではなく、このグループの中にあるものの一つ。キサントフィル類も同様です。

  • カロテン類:炭素と水素原子のみで構成されるもの
  • キサントフィル類:炭素と水素原子+酸素原始を含むもの
カロテン類 αカロテン
  βカロテン
  γカロテン
  δカロテン
  リコペン
キサントフィル類 ルテイン
  ゼアキサンチン
  カンタキサンチン
  フコキサンチン
  アスタキサンチン
  アンテラキサンチン
  ビオラキサンチン

また、ヒトをはじめとする動物(霊長類)は、カロテノイドを体内で合成する事ができません。なので、補わなければ減少していくばかり…。

ちなみに、動物であるニワトリの卵(卵黄)にもルテインが含まれていますが、これは、ニワトリが食べた穀物から直接入ったものだそうです。