加齢黄斑変性症は何がきっかけ?

活性酸素を発生させるものが多い

加齢黄斑変性症とは、老化に黄斑が病変する目の障害の一つですが、発症後の処置を怠ると症状が悪化し、最悪、失明する可能性もあるほど注意すべきものでもあります。

日本眼科学会によると、日本人の失明原因となる病気の第四位に入るほどです。また、欧米では、失明原因第一位となっているほど、深刻な眼病だそうです。

原因は何か?

病名に加齢とついている事から、老化によるものという印象になりますが、やはり、生活習慣の関係が大きいようです。

  • 喫煙
  • 汚染された空気環境
  • ストレス
  • 強い光
  • ブルーライト

まずは、万病に共通している原因である喫煙。
これは、喫煙により活性酸素が発生する事での悪影響と考えられます。同じく、汚染された空気も体にとっては有毒性の高いもの。

無害にする為に、活性酸素が大量発生するかもしれません。
また、ストレスによって血液が酸化すると言うように、これもまた活性酸素を発生させる要因となります。