ルテインを多く含むマリーゴールドとは

食用レベルのルテイン原料

ルテインは、マリーゴールドも多く含むそうです。
実際に、ドクターズチョイスのルテイン40mgなどの原料もマリーゴールドとなっていますが、大半のルテインサプリメントは、これが原料だと見受けられます。

マリーゴールドは、色鮮やかな黄色からもルテインを多く含んでいる事が想像されますが、観賞用と食用という2種類があります。

原料として用いているのは、別名カンデュラと呼ばれる種類だそうです。
日本では、キンセンカという呼び名があり、この植物の持つ薬効は古くから知られていたそうです。

マリーゴールドをハーブとして飲む事で解毒作用、血行促進、風邪予防の他、外用としては、皮膚炎や傷、やけど、抗炎症作用などがあります。

また、サプリメントの原料としては、ケミンヘルス社の特許製法(フローラグロー)に用いられるのもマリーゴールドがありますが、原料として用いる為の厳しい基準が設けられていて、オーガニックで育った食用レベルのものから、品質基準をクリアしたものが使用されているそうです。

それだけ、食用としての安全性にこだわっている様子が伺えます。

このように、ルテインを多く含む野菜であるケールやほうれん草を食べるという方法ではなく、十分な量を手軽に摂取する事を考えた時、方法が確立しているマリーゴールド由来のルテインサプリメントが最適かなと思えます。